コープ住まいるの健康・耐震診断 コープ住まいるの太陽光発電 イベント情報 コープ住まいるのリフォーム展示場

コープの耐震診断

昭和56年改正建築基準法以前に家を建てた方は、耐震診断をおすすめします!

能登半島地震の際の倒壊した家屋1981(昭和56)年の建築基準法の改正から新しい耐震基準(いわゆる新耐震基準)が定められました。実際にそれ以前の建築物は、阪神大震災でも大きな被害が報告されました。この新耐震基準以前に建てられた家にお住まいの方は、ぜひ一度耐震診断を受けられることをおすすめします。
もちろん新耐震基準以降に建てられた方も、耐震診断で「家を長持ちさせるためにしなければならないこと」「倒壊しないための方法」が明確になります。

 

耐震診断でより詳しく分かること

  • 家の広さ、地震などの条件からあなたの家の必要な強さが分かります。
  • 壁の配置バランスを知ることで、どの壁面を改善すれば良いかが分かります。
  • 床下や見えないところの劣化の様子を知ることで、今後どのようなメンテナンスを継続すればいいかがより詳しく分かります。

 

耐震診断の診断項目

建物の構造、築年数、間取り、壁・柱・床・外壁の仕様と状況調査、床下・屋根裏などの構造確認と劣化調査、壁・基礎の亀裂・ずれ調査などから家の強さを判断します。

柱の傾き調査 柱の傾き調査 床の傾き調査 屋根裏調査
柱の傾き調査   柱の傾き調査   床の傾き調査   屋根裏調査
床下調査   基礎亀裂調査   基礎強度検査    
床下調査   基礎亀裂調査   基礎強度検査    

 

コープの耐震診断の流れ

耐震診断の流れ

 

コープの耐震診断費用

21,000円

「お客さまの住まいのホームドクターでありたい」との想いから、
診断料は実費程度に抑えています。

コープ住まいるの耐震診断は、愛媛県が主催する木造住宅耐震診断講習会を受講した耐震診断技術者(コープ住まいる1級建築士事務所所属建築技師)が診断にお伺いします。南海地震が来ても大丈夫か?など地震に対して不安をお持ちの方は、診断をおすすめします。

※建物の所有者自らが居住している木造住宅が対象です。
※建築確認通知書(建築図面)がない場合は別途21,000円が必要です。
※1981(昭和56)年5月31日以前に着工した建物は、木造耐震診断事業補助金を申請することが出来ます。申請書費用、申請期間、受付口数、補助金支給額等、詳しくはコープ住まいるにお問い合わせ下さい。

 

お申し込みは フリーコール0120-925-511 メールでのお問い合わせはこちら

ページトップに戻る